« さみちぃよね? | トップページ | 多忙なホワイトデー。 »

ゆぅの優しさ伝説。

080313

3/13sunの夕食
・ たらのスープ煮
・ 大根と小松菜の胡麻和え
・ さつまいもとりんご、プルーンの甘煮
・ 玄米
・ 三年番茶

 ◇   ◇   ◇

4月の陽気となったこの日、月一回催されている、今年度最後の未就園児のための催しへよっしぃを連れて出かけた。

前日、ひぃとゆぅの担任の先生から、明日はゆぅの出番があるだの、ひぃが手話ソングをするから、しっかり見てだの頼まれ、楽しみだった。



小さなホールの中を、お散歩したり、マット怪獣をやっつけたり・・・・・と、楽しい時間が過ぎる。


そして、最後に、園児のみんなから、「ビリーブ」の歌のプレゼントがあった。

この曲は、毎年卒園のときに歌われる、この幼稚園の定番曲。

全員が手話で歌ってくれる。


かーさん、ひいとゆぅを撮影するために、急いでビデオを回し始めた。


歌が始まり、しばらくして気づいたのだが、ゆぅの少し後ろに座っていた女の子が、ぽろぽろと泣いている。そのうち、タオルで目をごしごしと拭き、嗚咽がもれてくるのが分かった。

その子は、ゆぅよりも一つ下の学年のKちゃん。


どうしたのかな?と、私も心配しながら見守っていると、それに気づいた先生が、そぉぉぉっと近寄ってきて、Kちゃんをゆぅの隣にしっかりと、座らせた。



どうやら、自分一人がみんなの列の中にうまく入れず、困って悲しくなって泣いてしまったようだった。


自分の隣に座ったKちゃんを見て、その涙に気づいたゆぅ。

手話で歌いながらも、Kちゃんのことを気にし始めた。


まず、Kちゃんをじーーーっと見つめて、それから、そぉぉおっと背中に手をあてよしよしとしている。そして、またその手を前に回して、お手手をつないであげようとしていた→しかし、Kちゃんに拒否られるhappy01

で、また背中に手を当てて、とんとんとして・・・・・それから、また手をつないであげようとして・・・・・


ビデオで二人の様子を撮影しながら(ひぃはほったらかし)、かーさんにはゆぅがKちゃんを気遣う様子が嬉しくて、胸がいっぱいになった。

そして、しばらくすると、Kちゃんの顔には笑顔が戻り、手話を一緒にし始めた。


放課後も、二人仲良く遊ぶ姿が園庭に。



この子は本当に優しい。

心の痛んだ人の傍に、そっと寄り添える、そういう優しさを持っている。


ゆぅは男の子だから、その優しさはもしかしたら、これから生きていく上で辛いときもあるかもしれない。

けれども、そんなゆぅの優しさに癒される人はいっぱいいると思う。

ゆぅ、これからも、みんなにあなたの優しさを分けてあげてね。

今日はありがとう。かーさんは嬉しかったです。

今日もゆぅの優しさ伝説が一つ増えました。

|

« さみちぃよね? | トップページ | 多忙なホワイトデー。 »

「ゆぅ」カテゴリの記事