« よっしぃと本。 | トップページ | お誕生日会。 »

一番似てない人。

080121

1/21の夕食(オットご飯いらない日)

・ お豆腐ハンバーグ&かぼちゃといんげんの煮物&ミニトマト
・ ワカメとおあげのすまし汁
・ 五分づき米
・ 番茶

ハンバーグ、子どもたちは、これを二個づつ食べてました。
もうちょっと改良したら、もっとおいしくなりそうだなぁ・・・。

 ◇   ◇   ◇

三人の中で、誰が自分に一番似ているか?と聞かれれば、それは多分、よっしぃだと思う。

ええ、あの元脱走犯のよっしぃですよ。

え?私のイメージじゃない??

そんなことないですよ~~~~ヽ(=´▽`=)ノ



そして、次に似てるのは、恐らくひぃだろう。

そして、ゆぅはあまり私には似てないなぁ・・・・・と思う。


ゆぅは、どこからどう見ても、「オット印」な感じだ。


幼稚園が終わった後、みんなが園庭でおにごっこをしたり、サッカーをしたり、砂場で遊んだりして遊んでいる中、ゆぅは一人別のことをしている。

スコップを手に持ち、園庭中に線を引いてみたり(きっと、本人は迷路か何か・・・いや地図でも書いているつもり)、あちこち掘り返してみたり(多分自分がブルドーザーにでもなったつもり)・・・・・と、黙々と遊ぶことが多い。

そして、それを見ていて、「おもしろそう!」と思った子が、寄ってきてくれる・・・・・・・いつも、そういうパターンだ。


良く言えば、自分から遊びを創り出すタイプと言ったところか。


悪く言えば、独創性が強すぎる??




昔オットが小さかった頃、校舎の裏で、一人黙々と砂鉄取りをしていたらしい。

・・・・・・・・・・砂鉄を集めてどうしたかったんだろう????
それって、楽しいの?

私には全く理解できない世界。


そんな小さき頃のオットに、良くも悪くもかなり似てしまったいるゆぅ。


心優しいところも、似ている。

何か思うことがあったら、すぐに口に出してしまうかーさんにそっくりなひぃやよっしぃと違い、思うことは心の中に溜めておいて、考察に考察を重ねた後、やっと口から言葉が出てくる・・・・・・だいぶ思いつめているので、涙も一緒に出てしまう・・・・そんな感じだ。


昨日、たまたま、あいうえおの表を一緒に読んでいたのだが、ふとゆぅが言った。



「ゆぅくんねぇ・・・・・・・ここ(サ行)が上手に言えんと(´_`。)。」



え!?

ゆぅ、それ自分で気にしてたん??

別に誰も、指摘してへんのに。。。。



かなりびっくりしました。

そして、「ゆぅ、ゆぅはね、サ行も上手に言えてるよ。大丈夫だよ。」って、ぎゅぅっってしてあげた。


先日まー姉さんのところで、言葉の遅れで親はどんな風にしたらいいのか・・・・って、教えてもらったのだが、それは、「何もしないこと」だった。


これからも、ゆぅの言葉、温かく見守っていこう・・・・・。


そんなゆぅ、お風呂でなぞなぞにはまっていた。


「おかーたん、りんごはりんごでも、食べられるりんごはな~んだっ!!」


え?それもしかしてもう、答え言ってない( ´艸`)???

「えーっと、りんご!」


「せ~か~い(*´∇`*)。」


「おかーたん、にんじんはにんじんでも、食べられないにんじんはな~んだっ!!」


今度は急にえらく難しくないですかぁヽ(´~`;?


「おかーさん、分からんわぁ。」


「せ~かいはねぇ・・・・・・”にじ”でしたっ!!」



こんななぞなぞが、延々と続いた、今日のお風呂タイムでした。


080121_2

今日は雨降りで園庭で遊べなかったので、おうちでおりがみ。

「おかーたん、このおうちの中に、おかーたんがいるからね!髪の毛のゴムも書いてあげる。」

(心理学的に、すごく健全な絵じゃない( ´艸`)?かおりん?)

それから、豚さんと、ぞうさんと。

080121_3

これはひぃが作った、切り絵。
手前の水色がひぃ作。

「おかーさん、これ花火だよヽ(´▽`)/」














|

« よっしぃと本。 | トップページ | お誕生日会。 »

「ゆぅ」カテゴリの記事