« 正しい握手。 | トップページ | まーぼーまーぼー。 »

子育て教室2

さて、みなさま。お待たせいたしました(*´∇`*)。
前回の「行動を観察する」というところで、やって見られた方どうでしたか~?
おもしろかったですか?

私が観察したのは、こちら↓でした。

2月のある日。

[状況・場面] 幼稚園から帰宅後、兄弟で遊んでいました。

[子どもの行動] ひぃがゆぅのおもちゃで遊び、ゆぅが「貸して!」といっても、ふざけておちょくり貸さない。ゆぅが怒り始めました。

[あなたの対応] 「ひぃ、ゆぅくんが貸してほしいって言ってるよ。どうするの?」と声をかけました。

[子どもの反応] 「でもこれ、ひぃちゃんも遊びたい~!」と半泣きに。

[やりとりの終わり方] 「ひぃはもう遊んだやろ?次はゆぅくんに貸してあげ。」と言うと、イヤイヤ渡して、部屋の隅に行き、いじけました。

[行動が起こる頻度] しょっちゅう ほぼ毎日

[あなたはどう感じましたか?] 疲れるし、イライラ。余裕のあるときは、落ち着いて諭せても、余裕のないときはかーっと怒ってしまう。

 ◇   ◇   ◇

こんな感じですヽ(´▽`)/

これに対して、先生のアドバイスは、「イヤイヤでも貸せたことを肯定して、言葉をかけてあげましょう」というものでした。
似たような状況が、起こってるおうちもあるのでは??

で、ここからが、第二回です。

 ◇   ◇   ◇

今日の目的は、
「行動を三つのタイプに分け、一環した対応を目指す」
「上手なほめ方と親子タイムを理解しよう」

まず、子どもの行動を、三つのタイプに分け、対応を決めます。

① あなたが好み、増やしたい行動 → 褒める!

② あなたが嫌いな、減らしたい行動 → 無視、または適切な指示を出す

③ 許しがたい行動(暴力的、破壊的、危険な行為) → 警告、タイムアウト

例えば、増やしたい行動では・・・・

・ 朝起きてから学校に行くまで、言われなくても一人で準備ができた。
・ 友だちと遊ぶ前に宿題を仕上げた
・ 何かをもらったとき、「ありがとう」と言えた。
・ 食後の片づけを手伝った

などなど・・・・おうちによっても、違うと思います。

減らしたい行動では・・・・

・ 学校から帰って、制服を脱ぎっぱなしにした。
・ 幼稚園からかえって、着替えもせずに、おもちゃで遊び続ける。
・ 口答えをする。
・ 嘘をつく

などなど・・・・

そして、なくしたい行動では・・・

・ 知らないおじさんに注意されて口答えをした。
・ 親に怒られてパニックになり、ものを投げた。
・ 兄弟や友だちを叩いた。
・ 物に当たる
・ 死ねと言った。

などなど・・・・・

 ◇   ◇   ◇

もちろんみなさん、①の行動パターンを増やしたいことと思います。
そこで、上手な褒め方のコツを!!!

① 視線を合わせて(子どもの目を見て、子どもが見返すのを待って)
 
② 近づいて(そばにいって、子どもと同じ目の高さで)

③ 感情・動作をこめて(微笑んで、頭や肩に手をあてたり、抱きしめたりしながら)

④ タイミング(子どもの良い行動が始まったら
すぐに、または直後に。いつでも、すぐに!→完璧な完成を待たないで)

⑤ 簡潔に、具体的に (子どものどの行動を褒めているのかはっきりと伝える。)


褒め上手になると・・・・・

1. ほめられると、ますますその良い行動をするようになる!
2. ほめられると、おまけがつく!他のことでも協力的になる!
3. ほめられると、元気になれる!自信をつけていく!自分を大切の思える心が育つ!

です。


よい褒め方は・・・・・・他人と比べない。成績のよい、悪いを褒めない。がんばったことを評価する。嫌味や皮肉っぽく言わない。さらに上を求めるようなおまけの言葉をつけない。親が嬉しい気持ちを伝えるのも大事(例:先生に褒められてお母さんも嬉しい)だが、それだけでは、親を喜ばせるためだけにがんばってしまうので、子どもにとってはよくない。どの行動がよかったのか気づけるように褒めてあげる。


ついつい、マイナスの見方になってしまうけれど、今できていること、できて当たり前のことに目を向けて、褒めていきましょう~~!!!

あなたなりの褒め方はどんなでしょう?

私なら・・・「わ~、ひぃ、上手にできたね~。おっけー(*´∇`*)」「それはえらかったな~。がんばったな~~」って感じでしょうか。

 ◇   ◇   ◇

で、最後ですが、親子タイムについて。

お母さんが、自分と遊ぶだけに集中してくれるなんて、なんてスペシャル!
あなたのお子さんはどんなときに、あなたに認めらたと感じますか?なかなかすぐには答えられないものですが、親子タイムは、そんなあなたのための工夫です。

(1) 子どもと二人になれる時間を親子タイムにしよう!
 ① 他に邪魔が入らない時間 
 ② 気持ちにゆとりのある時間
 ③ 定期的にとれる時間

(2) 親子タイムに行うこと

しなければならないこと
 ① 親子で時間の長さを決める
 ② 二人でやることを決める
 ③ 主導権はこども 
 ④ よい注目を与えるように努める
 ⑤ 好ましくない行動は無視する
 ⑥ それが通津k時は、警告し、それでも続くなら、親子タイムを中止

してはいけないこと
 ① 指示や命令
 ② 否定的・批判的コメント
 ③ テレビ・ビデオも原則禁止

お母さんも、子どもも楽しめる事がコツです!!

 ◇   ◇   ◇

長くなりましたが、みなさんもぜひやってみてください♪
親子タイム、5分でもいいんです。子どもの目がきらきらしてきますよ~~



さっ!!!ゆぅのお迎えにいってきまっすヽ(´▽`)/

|

« 正しい握手。 | トップページ | まーぼーまーぼー。 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

あ~。褒めるのヘタなんだな~私。
ちゃんと褒めてないんだもん(-_-;)
皮肉っぽく褒めてるかも…。
なんでなんだろうね。指示、命令してるしな~
ほんと、一杯反省することあるわ~。
もっと、ゆとりを持たなきゃだめだね~!

投稿: たまちゃん! | 2007年2月20日 (火) 00時01分

めちゃくちゃ勉強になりました(^^)
私 できてないことだらけヽ(´~`;
意識して誉めてたつもりだったけど、きちんと誉めれてなかったょ~
命令、指示 いつもしてる~
親子タイム明日から早速しますφ(-^ー^-)メモメモ

投稿: けんたん | 2007年2月20日 (火) 00時10分

感情・動作を込めて褒めてあげなかったこと・・・あったなぁ。
皮肉っぽく言っちゃったこと・・・あったなぁ。
反省、反省・・・。
親子タイムね、子供たちがすごく喜ぶの分かってるのになかなか時間を取れなくて。
どれもこれも、自分の心にゆとりを持って実践するのが大事なんだね。

投稿: きぃ | 2007年2月20日 (火) 01時14分

のんちさんおはよう。褒めるのって確かに素敵だよね。「今日はちゃんと自分で着替えてご飯食べて歯磨きして準備ばっちりだね!すごいすごい!!」って言ったことあるけど、寝る前に「明日も全部自分で出来るよ」ってしてたもの。子供って親に褒めてもらえるとすっごく嬉しそうな顔して頑張っちゃうよね。でも、命令指示はやっぱりいっつもしてるなぁ・・・。心に余裕がなくなってはいけないと思いながらもなかなかね~・・・、でも一呼吸おいてから心温めてから子供に接するといいのかも。怒り出したら私も収まらないからさてできるかどうか・・・。がんばります。

投稿: まる | 2007年2月20日 (火) 09時53分

おぉ!待ってました!

これ、スゴイね。親の心の内をズバズバっと見抜いてる・・・。私には思い当たることだらけで、全ての言葉が痛い~~~ってほどに心に突き刺さったわ。

でさ、でさ!びっくりしたのが『ふざけておちょくり貸さない。』っていうひぃちゃんの行動。ま・さ・に!ウチのケンカの原因の90%くらいそれやし!ってか、私の行動観察メモにも『そらが面白がってわざとからかう。』って書いてたし!
どこも一緒なんかな~、そらだけが特別根性曲がってて、意地悪って訳じゃないんかな~、って。そう思えただけでずいぶん気持ちが楽になった。ありがとう。

次の課題は、褒める&親子タイムね。はい、先生。頑張ってみます。

投稿: パンク母 | 2007年2月20日 (火) 15時25分

>たまちゃん!
 けんたん
 きぃちゃん
 まるさん
 パンク母

みんな心にぐぐっと来た(笑)?
それぞれのご家庭に合わせて、取り入れられそうなことどんどんしてみて、くださいね!

ぜひ、その後も聞かせてほし~な(*´∇`*)。

ひぃのその後も、近々お届けします。お楽しみにね・・・・パンク母(笑)。

投稿: のんち | 2007年2月21日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105138/13972379

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て教室2:

« 正しい握手。 | トップページ | まーぼーまーぼー。 »